バーチャルオフィスなら格安で会社設立

バーチャルオフィスなら格安で会社設立が可能に

バーチャルオフィスなら格安で会社設立 初期費用をあまりかけることなく起業が可能なバーチャルオフィスは、安さは大きなメリットですが行なう業種によっては取引先を獲得しにくいデメリットもあることを知っておく必要があります。
そもそもバーチャルオフィスは、事業を始めるために最低限必要となる住所と電話番号、FAX番号などをレンタルできるサービスであり、一般的なレンタルオフィスとは異なり業務を行なう場所ではありません。
住所や電話番号を借りるだけなため、郵便物や電話もバーチャルオフィスから設定された住所や番号に転送されることになります。そのため、レンタルオフィスに比べて保証金などがなく数千円から数万円でオフィスが借りられ起業が可能になるわけです。
自分ひとりで行なう程度の小規模な事業や今後拡大化する予定の場合には、自宅の住所とは別に会社としての住所を登録しておくには適切です。
バーチャルオフィスを利用する前には、専門に行なっているところだけではなく、レンタルオフィス業者が兼務していることもあり、そういった場合には電話代行や秘書代行、郵便物の代行のみを行なっている場合もあるので、事前に確認をしてから決めることが重要です。

バーチャルオフィスのサービスの利点とは

バーチャルオフィスのサービスの利点とは バーチャルオフィスの場合、住所貸しや転送電話、電話代行、荷物受け取りなどのサービスが提供されています。
バーチャルオフィスを利用する際には、会社住所を都心の一等地にすることも可能なので、自宅住所を公開したくない場合だけでなく、会社のイメージアップを図りたい場合にも役立ちます。また、実際に事務所を構える場合と比べて費用を大幅に抑えられるため、起業時の予算が限られている状況でも安心して利用できます。転送電話のサービスは、東京都内の電話番号を確保できるという利点があり、住所と同様にイメージアップなどに効果的です。
電話代行は、自分に代わって電話対応を行ってもらえるため、忙しくて電話に出るのが難しいという場合にも役立ちます。
その他、荷物受け取りでは、住所貸しによって貸与された住所宛に荷物が届いた場合でも受け取ってもらえるので、自分で受け取る手間が省けるという利点があります。
なお、サービス内容は、業者やプランによって異なる場合もあるため、事前に良く確認しておく必要があります。