バーチャルオフィスに関する情報が満載!

貸し事務所とレンタルオフィスやバーチャルオフィス

貸し事務所とレンタルオフィスやバーチャルオフィス 貸し事務所を借りる時には保証金や礼金、仲介手数料や前家賃など多額の初期費用が必要になります。
また、内装工事費やオフィス家具の購入費用も用意しなくてはいけません。内装工事に時間はかかりますが、貸し事務所は室内を利用者の好みに合わせて仕上げることが可能です。
レンタルオフィスは、契約の際に敷金や礼金が不要のケースが多く、貸し事務所を借りる時よりも初期費用をかなり安く抑えることができます。
内装工事は必要なく電話やインターネット環境、オフィス家具も完備されているので、契約したらすぐに業務を開始できるのが魅力です。
好立地にあるレンタルオフィスが多く、移動する時はとても便利です。バーチャルオフィスは、事務所を構えることなく住所や電話番号を借りることができます。
会社を登記する時にバーチャルオフィスの住所を利用することも可能で、顧客からのイメージや信用度を高めるために会社の住所を都心にしたい人に人気があります。
他には、郵便物や電話転送などの代行サービスも用意されています。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは? 起業の際に問題となるのが事務所探しですが、その大きな助けとなってくれるのがバーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスとは電話番号と住所のみレンタルできる事務所で、実際の物件としてその場で仕事を行うことはできません。
しかし電話番号と住所は起業の基本となるものであり、仕事を始めるためには必須となります。起業のために賃料の高い事務所を用意するのが難しい場合や、仕事用のスペースは不要な場合には、バーチャルオフィスの利用が便利でしょう。
バーチャルオフィスを借りると、郵便などが届いた際にはあらかじめ登録しておいた住所へと転送を行ってくれます。電話も同様に事前に登録しておいた番号へと転送をかけてくれるため、取引先とのやり取りも問題なく行うことができます。
電話番号と住所だけのレンタルはデメリットも存在するものの、都心の一等地の住所を持てたり、安い金額で借りられるといったメリットも多数存在するのが特徴です。