会社登記とバーチャルオフィス

会社登記とバーチャルオフィス

会社登記とバーチャルオフィス 新会社法が施行されてから資本金のハードルが下がったことで、勤めている会社から独立して開業したり起業するということが身近になってきています。
会社を設立したなら法人として登記をする必要がありますが、バーチャルオフィスでもそれは可能です。
つまりバーチャルオフィスの住所をそのまま登記に利用することができ、実際のオフィスを借りなくても都会の一等地を格安で借りることができます。
誰もが知っている住所を登記できるのは、開業したばかりの会社にとって信用力がつくのが最大のメリットです。起業したばかりであったり社員を雇わないスモールビジネスの場合、自宅を仕事場にするという場合を多く見受けます。
インターネット通販など会社の業態によって登記住所を開示することが法律で義務付けられている場合があり、個人情報を晒すことにつながります。
バーチャルオフィスなら自宅住所を公開せずに済むため、プライバシーの観点からも安心できる手段です。

これから起業する方のバーチャルオフィス

これから起業する方のバーチャルオフィス これから起業をしようと考えている方には、必見のとてもお得な情報をご紹介します。
バーチャルオフィスというものを聞いたことがありますでしょうか。今周りにもバーチャルオフィスを利用して起業している人が増えていて、これかららの時代に合ったサービスといえます。
バーチャルということで、実際に場所を借りるわけではありませんが、会社の住所や電話番号がレンタルできます。
あえて事務所を構えなくてもWEB関係の仕事や個人で業務を請け負うコンサルタント、セミナー講師を考えている人には、大変便利なサービスです。
オフィスの事務所を借りるのに不動産代理店を回ってて手続きする手間や時間や費用もバーチャルオフィスなら一度に解決できます。費用はかかりますが、電話応対の代行もしてもらえ人件費も削減できます。
必要なものの費用が格安で手に入るというメリットがある反面、デメリットも当然ありますので、一度情報収集をしてみて考えてみてはいかがでしょうか。